富田勝彦さんの作品『白虎』が、ギャラリー册にて展示中!(11/29まで)

富田勝彦さん(昭和51年卒)の作品『白虎』(天地4段、左右6列 全24枚1作の“ユニット絵画”)が、東京千鳥ヶ淵の「ブックカフェ・ギャラリー册(さつ)」で展示中です。

四方空間を囲むように構成されたシリーズ全4作の中から、西面のための作品『白虎』を展示しており、タイトルだけでなく、作品モチーフとして虎を描いてるとのこと。是非、足をお運びして、虎がどこに潜んでいるのか、探してみてください。

錦秋に潜む『  白虎  』   <開催概要>    会 期:2014年10月1日(水)―11月29日(土) 入場無料 会 場:ギャラリー册・千鳥ヶ淵 時 間:11時30分~20時 休廊日:毎週 日曜・月曜・祝祭日

錦秋に潜む『白虎

<開催概要>

会 期:2014年10月1日(水)―11月29日(土) 入場無料
会 場:ギャラリー册・千鳥ヶ淵
時 間:11時30分~20時
休廊日:毎週 日曜・月曜・祝祭日


ギャラリー册について
ギャラリー册は書、工芸、カフェを組み合わせた新たな空間です。書物は日本文化、文学、美術に関する一万冊超を所蔵し、自由に閲覧可能。工芸は現代日本の工芸作家の展覧会を中心に講座、茶会等も開催。カフェでは100%オーガニックのハーブティーで寛ぎのひとときをどうぞお楽しみ下さい。

OPEN 11:00 / CLOSE 19:00
※休廊日:毎週 日曜・月曜・祝祭日
〒102-0074東京都千代田区九段南2-1-17 パークマンション千鳥ヶ淵1F

東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段下駅 2番出口徒歩10分
TEL:03-3221-4220
FAX:03-3221-4230


富田勝彦(とみた かつひこ、1958年- )美術家

武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン学科卒。アフリカやアジア各地を巡行し、土地の特色、文化、宗教、歴史から、その普遍的真理を探求し、造形作家として創作している。自身の創作の傍ら、芸術のプロデュース、ディレクション活動をし、芸術振興に尽力している。